塾生の小野寺道枝です。

私は、健康運動指導士で、今は主に高齢者の介護予防運動の指導をしております。 いずれは、この整体塾で学んだことを応用し
運動と施術を使い分けながらお客様をゴールに導けるようになることが私のやりたいことです。そのための手順を整理してみました。


募集をかける(ゴールを提示する)
 このプログラム実施後は「こんな嬉しいことが待っている」といった具体的な変化を提示し、共通の目的を持った方々を集める
例)膝下O脚改善・四角いお尻改善・きびきび動ける身体を手に入れる・ヨガがやりやすくなる
  わくわくする毎日を取り戻す・家がスッキリ片付くストレッチ       


教室で習得できることを明確にする


① 
 動きやすくなる・身体が軽く感じる・姿勢改善・疲れにくくなる

筋肉のアンバランスの改善・筋肉の弾力を取り戻すことによる可動域の改善・丹田のコントロール


② 不調に対する不安がなくなる
どこを何のためにほぐす、またはストレッチしているのかを知ることで、自分で不調に対応できるようになる

④ くよくよしなくなる・判断が早くなる・家が片付く
身体が整うと心も整う 頭の中が整理できると自然と身の回りがスッキリしてくる

 
手順

   モニタリング 
写真・身長、ウエストの計測・心の状態、身体の状態、痛みについてのアンケートなど
 
② 視診・動診


   予想 により縮んでいる筋肉・
締めなおすべき筋肉の予想を立てる


   実施
ストレッチ(必要に応じて施術)~スタビライゼーションを一通り行う


⑤ まとめ    
①のモニタリング・動診を再度行い、変化を確認
④で苦手なもの・やりずらかったものが②の予想とイコールであったかを確認→必要なエクササイズをピックアップ→自宅で行うプログラムの作成






良くできました