塾生の小野寺道枝です。

凝りとは?

よく肩が凝った、首が凝ったなどと言いますね。では、凝りとは、何でしょう?

凝りとは、姿勢や動き方の癖により、いつも縮められている筋肉が短くなったまま硬くなり伸び縮みできず使えなくなった状態です。

 

例えば長時間座っていると、膝を曲げる主動筋であるハムストリングが縮められるので、この場合はハムストリングに凝りが生じます。現代人は座っている時間が長いといわれているので、おそらくほとんどの方のハムストリングが硬いのではないでしょうか?前屈で床に指先がつくか試してみるとわかります。

 

さて、凝っているはずのハムストリングですがここが痛いという話はあまり聞きません。
実は、凝りがある部位と痛みが出る部位とは違う場合が多いのです。


なぜ、凝りのある部位と痛みがでる部位は別なのでしょう?

骨は筋肉でつながっているため、どこかが凝って短くなると骨を動かし、相対する筋肉が引き伸ばされてしまいます。この引き伸ばされた筋肉は、伸ばされながら重力に耐え、身体を支えることになります。伸ばされながら力を出すことを、伸張性収縮といい筋肉に最も負荷のかかる使い方であるため、この筋肉は疲労し痛みが生じます。


先ほどの例で考えてみましょう。坐骨に付くハムストリングが凝って短くなると骨盤を引き下ろし骨盤が後ろに倒れ背中が丸まります。その丸まった背中の筋肉が「引き伸ばされた筋肉」であり、この筋肉は腰のあたりを支点にして重たい頭を支えることになるため腰に痛みを感じることになります。

スクリーンショット (1)


つまり、凝っているところは痛みの元となるが、それ自体に痛みを感じることはなく、痛みが出るのはそれによって引き伸ばされた筋肉ということです。整体の施術では、患者さんが痛みを訴える部位ではなく、その痛みの元となる凝りをほぐします。

 

凝りをほぐすことで身体は整う

施術では凝りに刺激を入れその反射により筋肉を緩ませ、短縮していた筋肉を本来の長さに戻し、伸び縮みを回復させます。その結果、筋肉の長短のバランスが整い、使えるようになるため、凝りが原因で引き伸ばされていた部位は、身体を支えるための負担を分散させることができます。

 

そして骨の配置は筋肉のバランスに左右されるため、筋肉の長短が整えば骨格は本来の状態に戻り姿勢が整います。また姿勢が整うと、たくさんの筋肉をバランスよく使えるため、疲れにくく痛みの出にくい身体になります。

再発を防止するには?
施術で凝りをほぐし痛みや姿勢が改善しても、動き方の癖を直さなければ、またすぐに元に戻ってしまいます。施術後の良い状態を保つためには、長時間同じ姿勢で凝りを作らないようにすることや寝る前のストレッチでその日の縮みはその日のうちにとるようにしましょう。また、筋肉の使い方が偏らないように日頃からいろいろな身体の動かし方をするのもいいでしょう。一方で引き伸ばされやすい筋肉も伸び縮みを回復させ骨格を正しい位置に配置できるよう締め直すことが必要です。



よく出来ました