開業専門の整体学校 - 塾生レポート

開業専門小さな整体学校。塾生ひとりひとりが知識と経験を繋ぎ文章に起こす為のブログ。手に入れたいのは正解より納得解!勘違い等もそのまま掲載しています。ご了承下さい。

開業専門の整体学校 - 塾生レポート イメージ画像

塾生レポート

塾生の田代です。四日間講習に参加させて頂きました。ずっと気になっていた施術前に行う視診(姿正)と動診(柔軟性)のチェックを学び、練習をさせて頂きチェックの中である程度狙いを定めて迷わない為にも自分で物語を作って施術に臨む事の大切さを教えて頂きました。動作を確

塾生の田代です。 約1ヶ月振りに授業に参加させて頂きました。お休みしていた間は入塾から今まで怠っていた筋肉図鑑を集中して完成させたいと思いひたすら作成作業を行っていました。きっかけは1ヶ月前に授業に参加させて頂いた時の正座よりも胡座をかいた時に縫工筋が1番

塾生の鈴木です。以前のレポートで、「筋肉を使う」を考えましたが、うまくまとまりませんでした。そもそも、私は何をすればいいのか分かっていなかった事が原因だと分かりました。私以外の塾生の方には当たり前の事過ぎると思いますが、自分の理解を深める為に書かせて頂き

塾生の増田です。先週日曜日に参加する時、当日湘南台駅で買い物をしている時おばあさんが買い物したものを入れて運べる台車みたいなもの(名称がわからないのですみません)に掴まりながら倒れている所を目撃してびっくりして助けに行きました。その時、息子さんらしき人が

塾生 益田です。人体には心筋、内臓筋、骨格筋などの筋肉があります。多くを占めるのが骨格筋でおよそ400ほどの種類があります。わたしたちがふだん筋肉と呼んでるものが骨格筋です。筋肉が収縮して関節を動かして骨が動きます。その骨格筋は、ひとつの関節のみまたぐ単関節

塾生の鈴木です。本日の授業で覚えたことをまとめて行きます。「筋肉を使う」の意味です。筋肉は動かす事で、ポンプし、機能するため筋肉を動かしているうちは、体に不具合は起こりにくくなっているはずです。また、一切動かさないようにしていても、痛みは生じえないようで

↑このページのトップヘ