塾生eです。
この日は予定では臨床でしたが、基本手技を行いました。
振り返ってみると私は臨床の授業を受けることが多く、基本手技はあまり出席していませんでした(私の出席できる日が臨床と重なっていることが多かったのです。完全に自己都合です)。先生が「基本手技やりたいです、とかリクエストしてくれていいよー」と言ってくださいました。ありがとうございます。
 

塾生Sさんのご希望で、基本手技の導入部の軽擦を教わりました。
Sさんは先輩塾生に教えてもらったそうなのですが、私も先輩から教わったきりで先生から軽擦の部分を教えていただくのは初めてでした。一度見せてもらってから実際に練習を行ったのですが、先生の施術が「かっこいい」ので、自分がやっているのが正しいのか何なのかわからなくなってしまい、異常に手汗をかいてしまいました。

先生が私の腰を押してくださったのですが、「ずいぶんかたいねー、こんなに硬いのに痛くないの?」と仰いました。私はふだん腰痛・肩こりなどの自覚症状がほとんどありません。けれど「どこか痛い訳じゃないんだけど体がだるい、重い。やる気が出ない」ということがしょっちゅうです。体のコリが痛みとして外側に出ているんじゃなくて、内側(心的)な不調として出ているのかなと思いました。
けれど、どちらにしても体が軽くなれば、心も軽くなる。私は身をもってそれを知っています。自分のコリは体の使い方とストレッチでなんとかしたいと思います。

施術について、「手足がばらばらで体がひとつになってない。体をひとつにして施術できるように」と言われました。難関中の難関。体で覚えるというのは暗記と違って一筋縄ではいきません。とりあえず体の移動の時に重心を意識して動くなど、できることからコツコツやっていきたいと思います。意識しすぎて変な歩き方になっているかもしれませんが。