塾生の渡辺です。


伏臥位を背中/腰/足/肩まで触れるようになったので、実際に誰かの体をお借りして練習できるようになりました!


この時、揉みの練習はもちろんですが、見立ての練習も行います。


実際はあまり見立てに時間を取れず、特徴的な部分を視診して、あとは揉んで確認!という流れになってしまうので、ここに書き出して復習していきたいと思います。




立ち姿勢をペイントソフトでトレースした絵がこちらです。


29B5D808-3C67-4CD5-A24C-D4FFABEFBA22
・男性
・右利き

・長時間の運転をする

・コロナ以降はデスクワークが増えた

・自覚している体の不調は肩


最初に見て思ったのは、骨盤が後傾したお尻の形だなぁ、でした。

お腹を突き出して、前に寄りかかるように立っているのが気になりました。

お尻とハムストが凝ってそうです。

でも聞いたところ、腰痛は感じておらず、肩凝りが気になるとのことでした。

それらを踏まえて揉み始めました。

 


<背中>

全体的に硬く、左右両方の肩甲骨が外転しているのが分かりました。

左側の三行線が盛り上がっていました。


<腰>

全体的に、痛いだろうな、と思う凝りはしっかりあったのですが、痛くないとのこと。

痛みに強いタイプなんだと思い、以降は遠慮なく強揉みしていました。
お尻と足を揉んだら腰は弾力を取り戻したので「変わりましたよ!!!」と伝えましたが、本人に変化は伝わらなかった様子。残念。


<お尻>

左の殿筋の方が凝りは強かったのですが、全く痛みがないそうで。

左に比べて凝りを感じなかった右の方が痛がるんです。

大腿筋膜張筋も同様でした。

なんでだ。全くわからない・・・。


<足>

左ハムストの方が目立つ凝りがありました。

でも右のハムストの方が痛かったそうです。
左は痛みを感じないくらい凝ってるのかと思ったけれど、そこまでガチガチではないのです。
本当にわからない。 


<ふくらはぎ>

立ち姿勢からも分かるのですが、ふくらはぎが外側に発達していました。(触ってから気づいた)

聞いてみたところ昔アメフトをしていたそうで、以来ふくらはぎの筋肉が落ちないんだとか。
 

アメフト全然知らないのでYouTubeでアメフト動画の下半身だけに注目して研究。

見た限りでは、ラグビーのスクラムみたいに持続的に押す力より、瞬発的な大きな力が必要に感じました。タックルなんかは完全に両足が浮いて体ごと飛び込んでいたので、押す力じゃなくて地面を蹴り出す動きが多そうです。
もちろんポジション争いで常に押し合いが発生するので、地面を強く蹴る動きと合わせて、押される力に対抗する等尺性収縮も起きてるのかなと思いました。
 

地面を蹴る筋肉

・股関節の伸展の筋肉(ハムスト)

・膝の伸展の筋肉(大腿四頭筋)

・足首の底屈の筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)

ふんばる筋肉 
・股関節が屈曲しすぎないよう伸展の筋肉が頑張る (ハムスト)
・膝が屈曲しすぎないよう伸展の筋肉が頑張る(大腿四頭筋)
・足首が背屈しすぎないよう底屈の筋肉が頑張る(腓腹筋、ヒラメ筋) 
 

あれ?同じ?

だからアメフトやラグビーの選手はあんなに足が太いんですね。


トレースはしてないんですが正面の立位の撮影もしてまして。
改めて見ると、大腿四頭筋は今も十分太いですね。


「ふくらはぎの外側の筋肉だけが落ちない」が起きる原因は、おそらくその筋肉が使いやすくなっちゃってるからなんだと思いました。視診では内股でもO脚でもなかったし、角度の問題ではなく純粋に筋肉が大きい様子です。歩く動作で使われる筋肉なことを考えると、歩き方を見れば癖があるかもしれません。


そういえば背中も腰も、三行線のラインに凝りがありました。(特に左)
アメフトでは姿勢を安定させるために足を開いて(外転させて) 踏ん張ることを考えると、大腿筋膜張筋は使いすぎて凝ったということもあるのかもしれません。


利き手は右。

左足に体重をかける癖は自覚があるとのこと。

それだけであんなに左右差あるものか。

他にも原因がありそうだなと思ってます。

施術中のトークも大事にしていきたいです。

ポジション聞いておけばもっとヒントがあったかもです。

コミュニケーションが足りてなかった!


ふくらはぎだけは、右側が凝ってたし痛みも右側で一致。

これは車の運転のペダルと推測しておきます。




<肩>

背中を見たときに気づいたんですが、肩甲骨が左右離れてる。外転してると感じました。

立位を見ると、ちょっと肩が丸くて猫背に見えます。


「昔から猫背なんです」だそうです。

ボディーマッピングという言葉が脳裏をよぎります。


そしてまたつい、アメフトとの関連性を考えてしまいます。これ良くないなぁと感じました。不調は全部アメフトのせいで、それを証明する証拠探ししても意味ないのです。


普段の座り姿勢を聞きました。

椅子に浅く腰かけ、肩を背もたれに当てる。

寝そべり気味に座るんだそうです。家でも、車でも。そして読書が好き。

それは猫背になりそうですね。

なんで腰が無事なのか不思議です。


この方の場合、凝りは肩じゃなく首にありました。

なのであまり凝りをほぐせた感じは無かったかも。

まだ首の施術は習っていないので、「次回は前触らせてください!」と約束しておきました。




<施術の感想>
「ここ痛いかもしれませんよー!」と言ってから触ってるんですが、「そっちは別に・・・」「逆の方が痛みがあった」の繰り返し。練習中の身とはいえ、ちょっと悔しい。

これなんでだったんだろう。本当にわからない。




最後に。

施術後の姿勢を水色でトレースしました。

施術前の姿勢の黄色と重ねます。


617EC743-B4E6-40A3-B252-01F3226DB1BA


お尻の位置が変わってますね・・・!

よかったぁ・・・!

最初に見て気になった部分だったので、「痛くない」って言われても、「だって凝りがあるんだもん」と思う自分を信じて正解でした。


今度は肩の変化を見たいです! 


よく出来ました